遺言書の有無

あなたと相続 TOP > 相続の流れ > 遺言書の有無

相続相談

無用なトラブルを避けるため、相続が発生する前に準備することをお勧めします。

裁判所への申請手続きで困ったときは法律の専門家である弁護士や司法書士に相談・依頼してください。

相続登記 亡くなった方に確認は取れないのでたくさんの書類と複雑な手続きがいくつも必要なのが相続です。

不動産の相続登記を司法書士に依頼し、金融機関などでの解約手続きを同時に進めることで各種書類の作成や収集の負担を軽減することが出来ます。

¥50,000~

相続放棄 故人の財産を相続できる立場にあっても、必ず遺産を受け継がなければならないということではありません。

相続放棄・限定承認の手続きは裁判所に申し立てます。申請には期限があるので注意が必要です。

¥25,000~

遺言書作成 正しく作成された遺言書には、ご自身の死後、思いの宿る文書として遺産相続の手続きで提出書類となることもあります。

より確実に遺言書を残すのであれば、「公正証書遺言」を作ることもできます。 公証人のもとで作成され公証役場で保管されるので、紛失などの心配もありません。 ただし、作成費用と証人2人が必要です。

¥30,000~

民法・不動産登記法大改正

125年ぶりの大改正

令和3年4月、「民法等の一部を開設する法律」及び「相続等により取得した土地所有権の国庫への帰属に関する法律」が国会にて成立しました。

民法・不動産登記法の見直しと相続土地の国庫帰属を可能とする制度の創設を行ったこれらの法律は、今後、様々な方面に影響が出ることと思います。

改正についてのご質問 当事務所では、よくあるご質問のページを設けました。

随時、具体例を記載致しますが、まだ記載のないご質問や寄り詳しくお聞きになりたい方は、お気軽にお電話ください。

最新のお知らせ

電話でのお問い合わせ

相続ブログ

~贈与税の税率~

更新日 : 2023年12月21日

贈与税とは、一人の人が1年間に贈与で受け取った財産の価額に応じてかかる税金です。贈与税の税率は、10%から最高55%までの6段階に分かれています。税率は、贈与を受けた財産の価額から基礎控除額の110万円を差し引いた残りの額(課税価格……

続きを読む >

~暦年課税~

更新日 : 2023年12月09日

暦年課税とは、1月1日から12月31日までの1年間に贈与された財産の価額を合計し、基礎控除額(110万円)を差し引いた残額に対して贈与税を課す制度です 。

暦年課税を生前贈与に利用する際のメリットとデメリットには……

続きを読む >

~法定相続情報一覧図~

更新日 : 2023年11月29日

法定相続情報一覧図とは、相続人や遺産の内容を一目でわかるようにまとめた図表のことです。

相続の手続きに必要な書類のひとつであり、相続税の申告や遺産分割協議にも役立ちます。

法定相続情報一覧図を……

続きを読む >
宮崎県司法書士会

宮崎県司法書士会 法人番号 49-00013

宮崎県行政書士会

宮崎県行政書士会 第20450844号

アクセスカウンター

累積観覧数 00038209

累積訪問数 00035615

本日観覧数 00000163

本日訪問数 00000158

昨日観覧数 00000070

昨日訪問数 00000066

あなたと相続 司法書士法人ロック 岩元司法書士・行政書士事務所
. Copyright (C) 2024 ALL Rights Reserved.
TEL 0986-77-6891